• HOME
  • LIVE
  • PROFILE
  • DISC
  • SHOP
  • CONTACT
  • NICOTINE

    1993年結成。
    当初インディーズでデビューし、折からのブームの中、好調にCDセールスを伸ばし、一躍注目を集める存在となる。
    自ら設立したSKYレコーズからの2枚のCDは、同時期のNOFX, OFFSPRING,などと共にチャートでロング・セラーを記録。

    1999年
    マーキュリー・レコード(現在のユニバーサル・ミュージック)からメジャー進出を開始する。 CDセールスはさらに伸び、そして、LIVE活動も本格的な全国展開をスタート。 オリジナル・アルバム2枚、ベスト盤1枚を発表。初のシングル「BLACK FLYS」はシングル・チャートでもスマッシュ・ヒットとなった。

    この時期から海外でのLIVE活動も本格的に開始。特にカナダでのリアクションは良く、MUSIC TVでのへヴィー・ローテーションや、FMの全国リクエスト番組で、7位に初登場する快挙も成し遂げた。

    2002年
    ワーナー・ミュージックに移籍し、海外活動をさらに本格化させる。2年連続の参加となったWARPED TOURでも、人気が上昇し、観客共々、海外のバンドからも、国境・海を越えた称賛を浴び、バンド間での交流も盛んになる。 ワーナーからは、2枚のオリジナル・アルバムとクリスマス・ミニ・アルバム1枚を発表。

    2005年
    活動第4期とも言えるタイミングで、ジェネオン エンタテイメントに移籍。 9月22日に4曲入りシングル「DON’T ESCAPE FROM REALITIES」を発売。

    2006年
    Gt.YASUが脱退。

    2007年
    Gt,Shunpが正式加入 ユニバーサルミュージックに移籍、「Achromatic Ambitious」リリース。

    2008年
    ユニバーサルミュージックにて「SOUNDQUAKE」、SKYレコーズより邦楽カバーアルバム「COVER OF IT ALL」をリリース。この年、Dr.NAOKI脱退、その後OKKYが加入、脱退し、Dr.Uが正式加入。

    2009年
    SKYレコーズにてTHE CARPENTERSのカバーアルバム「GOD SAVE THE CARPENTERS」をリリース。このアルバムは直接リチャード・カーペンター氏の元に届けられ、直筆の手紙とともに本人より好評を得る

    2010年
    ユニバーサルミュージックよにてベストアルバム「ADDICTIVE SHOT 2nd」,SKYレコーズにてこちらもベストアルバム「2010」を同時リリース。尚この2枚のベストアルバムはリテイクされており、色あせない名曲と変わらない音楽への思いが音に表れ、各所で反響を呼んだ。

    ライブ会場限定ミニアルバム「LIMITED ONE」を発売。ライブとライブハウスを愛する彼らの想いが形となって表現されたアルバムになっている Dr.Uが脱退。バンドが自らの存在を問う作曲期間に入る。この間もHOWIE,Shunpを中心に制作の勢いは止まらなかった。

    2011年
    Dr.BEAKが正式加入。盤石の体勢を整え、ワンマンライブを数回慣行しながら作曲、編曲活動を継続。手応えと確信を持ちながらデモが制作されてゆく。
    この年、黒夢トリビュート「FUCK THE BORDER LINE」に参加。

    2012年
    アルバム「GOD OF ROCK」をリリース。
    Gt.ShunpがプロデュースしたPUNK COVER ALBUM「PUNKRASH」リリース。

    2013年
    ライブを中心に活動。
    Dr.BEAKがドラムだけでライブを行う「ひとりドラム」開始。

    2016年 現在
    今もなお勢力的にライブ活動を繰り広げている。

    CONTACT US

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    twitter
    facebook ページ
    通販サイト
    NICOITNE MONKEY